ConoHa512MBプランのUNIX Benchmarks

エントリー帯としてはかなり安価な512MBプランがConoHaに登場したので早速チェックしました。
メモリ512MB、CPUは仮想1コアで1ヵ月630円、時間当たりの料金は1円。
今のところ、東京リージョンのみ512MBプランを選択できるようです。

CPUIntel Xeon E5-2650 v3 2.30GHz (1コア)
RAM512MB
SSD20GB
OSCentOS 7.2 64bit(ConoHa公式イメージ)
ネットワーク外部100Mbps共有、内部1Gbps共有
料金1円/時間、630円/月

6月にテストした1GBプランではCPUがXeon E5-2660だったのですが、512MBプラン特有なのか
物理ノードの見直しがされたのか、偶然なのか、Xeon E5-2650に変更されていました。
ただ、全体的なスコアでは1GBプランの1コア計測より、多少良い結果が出ています。

OSテンプレートもSSDの容量などのスペックが足りるモノはそのまま使用でき
基本的な使い勝手は上位プランと変わらないので、当然コンソールなどの機能も使えますし
イメージ保存も50GBまでちゃんと使えます。

クーポンは有効期限が切れましたが、まだ料金チャージしてある分が残っているので
これからも、ちょこちょこ使って色々と試していこうと思います。

ここのサーバーもそろそろ移動したり、しなかったりな時期でもありますし
移動先の候補に追加しておきます。

おまけ

SSDの容量は価格表で20GBと表記されているのですが
サーバー追加画面でページの遷移を繰り返していると50GBになるバグらしきものがあります。

ssd20or50

メモリ:512MB/CPU:1Core/SSD:50GB・・・?

なお、実際にサーバーを立てると、当たり前ですが20GBまでに制限されています。
システム(CentOS7.2)が3.4GB使用するので、実際に使える容量は約16GBです。

ssd20

当然このままサーバーを立てても最大20GBまで

過去のConoHaでの計測はこちら