ここを支えるサービスたち

Value-Server (レンタルサーバー)

現在、このブログはValue-Serverスタンダード上で動いています。
ストレージ容量に関しては、バックアップを取っても、持て余すぐらい余裕があります。
通信のレイテンシとWordPressの処理にかかる時間が悩みです。

ConoHa (VPS・DNS)

サーバーを立てたり、壊したりを繰り返す実験用に使ってます。
ネームサーバーは無料で提供されているので、一応、サブドメインを割り当てています。

さくらのクラウド

こちらもConoHa同様、VPSを時間借りして、いろんなテストに使っています。
最近はConoHaのほうが料金が安いこともあり、あまり使っていません。

Google Cloud Storage (データサーバー)

Sim-Boardのデータはここに移動しました。
Google Driveの共有機能とValue-Serverでの公開より安定度が向上したと思います。
バケットはマルチリージョン・アジアで設定しています。

Cloudflare (DNS・キャッシュサーバー)

GCSでは転送量が純粋に掛かってくるので、Cloudflareのキャッシング機能を利用しています。
そのためDNSもCloudflareを利用しています。

長い間、Value-DomainのDNSを利用してきましたが、Cloudflareが多機能なため移動しました。

図にするとこんな感じ

その他悩み中のサービス

  • Amazon Lightsail
    定額、5ドルからのVPSは魅力ですが、現在のところ選択可能リージョンはバージニア北部のみの模様。
    アジアリージョン、できれば東京に来てほしい。
  • Amazon Route 53
    ドメインを移管しようか考え中。