Cloudy Saturday Sandy

4 年弱 頑張ってくれた Q6600 に感謝しつつ、2600K へと乗り換えました。
マザーボードを含めた組み替えなので、ばらしに 1 時間、ケースの掃除に 30 分、組み込みと設定は 1 時間ぐらい。

組み立てた最初の起動で USB が一切使えなくて、PS/2 キーボードで各種ドライバを集めインストール
その後、マウスやオーディオドライバなどをぽちぽちとインストールして、今まで通りに使用できる環境となりました。

早速 AviUtl でエンコードを開始。
x264 で 7fps ぐらいだった設定が 20fps 出るようになり、倍以上のパフォーマンスを発揮してくれています。

それでも、CPU 使用率 40% 前後なので、I/O が足を引っ張っている予感。
RAM ディスクを導入して、更に速度アップが見込めるのか気になるところです。

余った 2GBx2 の DDR2 メモリは、自宅サーバーへ流用し、自宅サーバーに現在刺さっている 1GBx2 を
録画サーバーの方へ充当します。

さすがに Q6600 を常時稼働するとなると相当電気を食うので、こっちはどうしようか考え中。

# 追記
Q6600 の運用について調べてみたけど、電圧を落とせば結構いけそう。
S70 FL で電圧調整出来たっけなぁ?

# さらに追記
早すぎると思ったら、何故かプリセットがリセットされていたのに気づかなかった。
ほぼ同じプリセットを使用したところ、16fps になり CPU もちゃんと 70% ぐらい使ってくれるようになった。

フォローする