AmazonのUnlimitedStorageが終わる

昨年、データの墓場としておすすめしたAmazonのUnlimitedStorageプランが終わるそうです。

ざっくりいくと

  1. 2017年6月8日よりUnlimitedStorageプランの契約延長ができなくなる。
  2. 現在の契約期限が過ぎ、使用容量が超過状態になるとファイルアップロードは不可能になる。
    (ファイルの表示・ダウンロード・削除は可能)
  3. 超過状態で180日以上経過すると、古いファイルから順次削除される。
  4. 今後は100GBプランの11.99ドル/年、1TBプランの59.99ドル/年となる。
  5. 1TBを超える場合は、追加1TBあたり59.99ドル/年で最大30TBまで拡張可能。
  6. プライムフォトは従来通り無制限。

ということで、少し前に追加された機能である
「ごみ箱に突っ込まれたファイルは定期的に自動削除する」では限界なところまで来たみたいです。

ちなみに、新・旧プランの価格を表にすると以下のようになります。

旧プラン価格(ドル)新プラン価格(ドル)
5GB無料5GB無料
無制限59.99100GB11.99
1TB59.99
2TB119.98
3TB179.97
4TB239.96
5TB299.95
6TB359.94
7TB419.93
8TB479.92
9TB539.91
10TB599.90
20TB1199.80
30TB1799.70

これといったディスカウントもなく、30TB限界まで使ってる場合は30倍の価格になります。
ただ単にストレージがほしい場合は、普通にHDDを買ったほうがいいでしょうし
ファイル移動の利便性ならGoogleDriveでいいと思います。

無制限の謳い文句通り、上限は実際なかったらしく400TBとか入れてる人もいたようで
どうやってそのファイルを移動させるのか、そもそもどうやって入れたのか非常に気になります。