スマートメーター?を作る(買い物編)

前々から電子工作は、かじってみたいなと思っていたので、手を出してみることにしました。
結果の反映がすぐされそうで、ちょっと面白そうと思った電力計を作ることを目標に行きます。
200V使用は考慮しない、それっぽい数値が出る、他力本願寺で行きます。

まずは下調べです。
スマートメーターであれば、Bルートという方法で電気使用量を把握することができるのですが
通信規格のモジュールを買わないといけないのと、汎用性が無さそうなので、これはやめました。

情報を集めていくと、ESP-WROOM-02という安価なボードがArduinoと互換性があり
Wifiも搭載しているので、センサーで得た情報をWifiでHTTP送信できることもわかりました。

無線であることにこだわりはなかったのですが、電源が取れれば良いというのは利点です。
というわけで、ESP-WROOM-02(ESP8266)を使って電力計を作ってみることにします。

ピッチ変換用基板はスイッチサイエンスのフル版を使います。
当初はCerevoのボードで作ろうと思ったのですが、ジャンパをつけるのが面倒なのと
スイッチサイエンスの基板ではGNDがまとまっており、扱いやすいということで変更しました。

必要なもの

部品 個数 価格 備考
ESP-WROOM-02に書き込める環境 1式 1000円 FT232RL+ブレッドボードなど
ESP-WROOM-02 1個 400円
ESP-WROOM-02ピッチ変換用基板 1個 160円 スイッチサイエンス フル版
16bitADコンバーター ADS1115 1個 600円
3.5mmジャック(5極) 1個 100円 3極以上のもの
電流センサー SCT-013-000 1個 700円 100Aのもの
ユニバーサル基板 1枚 70円 穴数18×24以上のもの
10kΩ抵抗 4個 20円 1/4Wサイズ
330Ω抵抗 1個 5円 1/4Wサイズ
2.54mmピンフレーム 200円
 10PIN 1個 ADコンバーター用
 8PIN 2個 ESP-WROOM-02用
 2PIN 1個 電源用
2.54mmピンヘッダ 200円
 10PIN 1個 ADコンバーター用
 8PIN 2個 ESP-WROOM-02用
 2PIN 1個 DeepSleep機能用
ジャンパピン 1個 10円 DeepSleep機能用
3.3Vの電源が取れる何か 1式
ThingSpeakのアカウント 1式 無料

日本の市場価格より明らかに安いものは、中国の通販を使いました。
Amazonマーケットプレースで、中国発送の部品を使うとかなり安くできます。
工作道具があるなら、およそ5000円以内で収まるでしょう。

続きは次回に