SimHubはESP-WROOM-02でも動く

レースゲームやっていた人なら、画面上に表示されるスピードメーター表示では満足できなくなり
小さなサブディスプレイをMoTeC風のダッシュボードにしたこともあるかもしれない。
あるいはPCU-6DやPCU-8Dといったマクラーレンのディスプレイユニットを模したり。

それらをより作りやすく、主にソフトウェア側での手助けをしてくれるのがSimHubというソフト。
ゲームの各種数値をArduino経由でLEDモジュールやタッチスクリーン上に表示できる。

Assetto Corsa、iRacing、ProjectCarsをはじめとしたホットなレースシムだけでなく
Euro Truck Simulator 2など、変わりどころではWar Thunderにも対応している。

このSimHubは、通常Arduino Nanoを使うのだけれど、Arduino Nanoで使えるということは
ESP-WROOM-02(ESP8266)でも動きそうだなということで、実際に使えるようにしてみた。

SimHubには同梱されているArduino用のスケッチ(ソースコード)作成用ツールがあり
その出力されたスケッチをESP-WROOM-02で動作するように一部追加・変更して使用した。

といっても、includeでエラーが出るだけで、対応した#ifdefを追加しただけなのだが。
変更したヘッダファイルと、LEDモジュールの動作するスケッチについては、以下に公開している。

なお、LEDモジュールは次のTM1638 Key Display Moduleを使用した。
緑色のLEDモジュールは赤・緑の2色LEDが搭載されていて、レブメーターとして使用しやすく
価格もそれほど変わらないので、こちらのほうがおすすめ。

ちなみに、マクラーレンのディスプレイユニットの寸法は公開されているので
きっちりそっくりに作ろうとしたら作れるはず。