楽しかった BF3 キャンペーン終わり

どうも腑に落ちないままゲームは進み、何とかハードでオールクリアしました。
そんなわけで、ハードでプレイしたチャプターごとの簡単な感想。

Operation Swordbreaker

特に注意するこもなく、ゲームをただ進めて行くことが出来る。
あぁ、これハードだなと感じるぐらいのちょうど良い難易度だった。

Uprising

前半に関しては戦闘も無いので詰まる要素がない。
後半もグレネード補給し放題なので別に難しくもなく、短い上に敵の出現場所を覚えれば簡単。

Going Hunting

戦闘機に乗っての戦闘となるが、いきなり死ぬという事がないため簡単。
BF3 始まったなと感じるチャプターであり、キャンペーンでのピーク。

Operation Guillotine

おそらく、ハードで一番最初に「なんだこの難易度」と思うのがこのチャプター
迫撃砲を撃ってから、建物に入るまでのルート開拓が必要になる。

オススメルートは、一つ目の機銃の手前にある木に待機し、仲間がグレネードで破壊するのを待つ。
その後、コンクリートの瓦礫まで進み、右建物からの銃撃に気をつけ銃撃戦。

収まったら、2つ目の機銃の真下で待機し、仲間がグレネードで破壊するのを再度待つ。
破壊を確認したら、匍匐で機銃の場所まで移動し、1個目の機銃が有ったところを目指して走れば
その後は割と簡単に抜けられた。

後半は戦車の一撃死に注意して、銀行に入ってからも淡々と敵を倒していくだけ。
エレベーターシャフトより後は仲間が勝手に進めていってくれる。

Comrades

駐車場での戦闘、ビル内部のデザインが、ミラーズエッジを彷彿とさせる。
戦闘に関しては、ゴリ押しでいける。

Thunder Run

戦車がメインとなるチャプターで、終盤まで一撃死の心配もなし。

Fear No Evil

再び戦車がメインのチャプター、戦車でやりたい放題が続く。

Night Shift

狙撃から始まり、ステルスかと思いきや途中からドンパチ合戦。
バグに負けない心が必要。

Rock and a Hard Place

森林での戦闘かと思わせて、大平原で戦わされる。
ハードでも敵は弱く、数だけでちょっと物足りないし、戦闘が単調すぎて、この後面白くなるのか疑問に感じて来た。
空挺部隊との戦闘になる直前にポーズしてしばらく放置すると進行不可バグに陥りやすい。

Kaffarov

相変わらず始まりが壮大なんだけど、邸宅に入ってからは仲間が勝手にやってくれるので暇。
リフレッシュ(要冷凍)のダンボールが一杯ある。

ハードでは武器のおいてある階段から地下に入った後が難所。
射撃場はおそらく詰まるポイントで、よく見ると上からも敵が来ているので慎重に進めていく必要がある。

細かいことだけど、武器は階段の下に武器庫でもあった方がそれっぽいと思った。

射撃場より後では、敵が目の前に湧いたり、背後に湧いたりすることがあるため注意。

The Great Destroyer

いつの間にか最終チャプターで、話は振り出しに戻る。
適当に乱射していれば突っ切ることが可能。最後は注射器を使わない戦闘で終わる。

BF3 キャンペーンを通して

マルチプレイメインだから、と言えばそれまでなんだけど全体的に物足りない。
よくあるキャンペーンの周回要素もなく、Terminator Salvation と競うレベル。

AI に押されて無理矢理前線に連れて行かれたり、開けたところで敵が目の前に湧く、イベントが進行しない
画面が真っ白で見えなくなるなど、PS3 版のキャンペーンはバグばっかりの予感。

ノーマル以下でプレイするなら気にならないかもしれないけど、ハードでやるとどうしても時間が掛かるため
同じ場所にとどまっている事が多くなり、バグっぽい部分や、理不尽な攻撃は気になる。

Farcry のような AI に S.T.A.L.K.E.R. の攻撃が加わったような敵と戦いたいなら
ハードはオススメではある。

フォローする