ゆめりあベンチ

実は、先日メインPCのグラフィックボードをGeforce 9600 GT搭載のGV-NX96T512Hに換装しました。
性能は8800GTより少し劣る程度なのですが、 マザーボードの4CoreDual-SATA2は、
PCI-Express x4までしか対応していないため、真価が発揮されていません。
それでも、7600GSのOC版である?GF A76GS-Z/256D3 よりヌルヌルです。

試しに、CrystalMarkでベンチを取ったのですが、7600GSで16000
9600GTで15900といった、逆転の結果でした。
何故、こういった結果になったのかよくわかりませんが、 ゆめりあベンチで計り直すことにしました。

7600GSでの最高スコアは24000ほどで、9600GTでは、65000を越えなんと2倍以上の差。
設定は1024×768 最高設定。

BF2などでは、 60fpsを保つことが出来るぐらい強くなりましたが、
マザーボードがx4までの対応のためか、PhysXは使えませんでした。
(対応ドライバを入れるとOSが立ち上がらない。)

そろそろ、このマザーボードともお別れかなぁ。
ASRockのBIOSにはとても助かってますが、IRQとかの細かい調整が出来ないんだよな…。
次にPC構成を変えるときには、?ケースも新調したいな。
今はアルミケースの安物なので…。

それと、録画&バックアップ用のハードディスクも。

フォローする