Node-REDでWordPressのプリキャッシュ

ページを更新したり、キャッシュを意図的に消した時には当然キャッシュがない状態で
初回のアクセスはデータベースからの生成で時間がかかることになります。

ここはそんなにアクセスがないので、そもそもキャッシュが無いことのほうが多く
見に来た人にノロノロと対応していたら、さらにアクセスが減る要因になってきます。

あらかじめページをキャッシュするいいプラグインでもないかと少し探してみたものの
静的ページ配信全盛の時代、こんな微妙な需要を満たすものは見当たらず。

そんなわけで、ページをキャッシュさせるためにNode-REDでsitemapを読み込み
記事URLを開くだけのフローを試しに作り、導入してみました。

Node-REDはIFTTTで手が届かないところをカバーできて結構便利。