Amazon Cloud Driveでデータの埋葬

いつか公式のファイルが消えた時に使うかもしれない。
とっておきたいけど、新しいバージョンがあるし、かといってHDDに置いておくには邪魔。
そんなLinux界隈のインストールイメージや、WindowsのインストールISOなどのファイルは
ぜひ、Amazon Cloud Driveに埋葬してあげましょう。

Amazon Cloud DriveはAmazon.comが提供しているクラウドストレージサービス。
日本版ではプライムフォトのみが提供されていますが、米国版ではあらゆるファイルに対応。
画像、動画はもちろん、10GBを超えるようなディスクイメージでも保存しておけます。

料金やプランについて

日本版と同様の写真のみのに対応したサービスUnlimited Photosは年間11.99ドル
あらゆるファイルに対応したUnlimited Everythingプランの利用料金は年間59.99ドルです。
値段だけ聞くとちょっと微妙と感じるかもしれませんが、容量は無制限です。

使用についての注意点

Amazon Cloud Driveは個人向けサービスなので、当然、商用利用はできません。
また、WEBからのファイルアップロードは最大2GBまでに制限されています。
契約が切れた90日後に削除されることも頭の隅においておくといいです。

埋葬しよう

前述したLinuxなどのインストールイメージやバックアップはおおかた転送が終わったので
最近は主に、Blu-rayに保存したデータのバックアップを始めました。
容量を気にせず多重化できることと、データがいつでも取り出せる環境
ファイル単位でのアクセスができるので非常に便利になりました。

もっと埋葬したい

rcloneを使えばクラウドストレージのデータを保存、同期させることができます。
つまり、Dropboxに保存したファイルをそっくりそのままバックアップしたりも可能です。
タイトルに埋葬と書いたのはこれが大きな理由です。
Amazon Cloud Driveはあらゆるクラウドストレージのバックアップ先となりえるのです。

コスト比較

簡単な比較
プランは斜体で書いています。

機器・サービス単価契約1TB2TB4TB8TB
Blu-ray 約1TB(50枚)3,000円3,0006,00012,00024,000
HDD 2TB(WD20EZRZ-RT)6,500円6,50013,00026,000
HDD 4TB(WD40EZRZ-RT)13,000円13,00026,000
HDD 8TB(WD80EFZX)38,500円38,500
Google Drive$9.99~月額約12,000
1TB $9.99/月
約120,000
10TB $99.99/月
Dropbox1,000円月額12,000
1TB 1,000円/月
Microsft OneDrive540円月額6,480
1TB 540円/月
Apple iCloud Drive1,300円月額15,600
1TB 1,300円/月
MediaFire$45~年額 約5,000
Pro $3.75/月
約50,000
Business $40/月
TeraCLOUD9,800円~年額9,800
1TB 980円/月
29,000
3TB
45,000
5TB
Amazon Cloud Drive$59.99~年額約6,500
Unlimited Everything $59.99/年

こうして見ると破格の「Unlimited Everything」プラン
一体、いつまでこの価格・品質でサービスを続けてくれるのでしょうか?