strpos と rtirm のメモ

[cc lang=”c”]
int strpos (char *str, char tar) {

// 初期化
int max = strlen(str);
int cnt = 0;
int flg;

// ターゲットと同じか \0 まで繰り返す
while (*str != tar && *str != ‘\0’) {
str++;
cnt++;

// 文字数を超えたら break
if (len < cnt) break; } // ターゲットがあれば位置を返す if (*str == '\0' || len < cnt) { return(-1); } else { return(cnt); } }char *rtrim (char *str) { // 改行コードの位置を取得 int rpos = strpos(str, '\n'); // 改行コードの位置を \0 に置き換え if (rpos > -1)
str[(rpos-1)] = ‘\0’;

return(str);

}
[/cc]

まだまだ、 C はダメダメです。
ちなみに、 PHP の strpos は、指定文字が見つからない場合 0 を返してきますので、
型の判断を必要とする !== を使って
[cc lang=”php”]

フォローする