Cabela’s Big Game Hunter 2010 のプラチナゲット

The Hunter 的なものを想像していたら、全く違うミッションをこなしていくタイプのゲームで
ややガッカリしつつも、鹿にウサギに熊ライオンと様々な動物を相手に狩りを満喫。

メインのゲームモードでは、世界各地を巡り狩猟を学ぶような雰囲気のなか獲物を狙っていくことになり
命中箇所や道具、対象との距離で評価ポイントが変化し、最高評価のゴールドを目指してゲームを進めていく。
また、各ミッションの途中でダックハント的なミニゲームもプレイ可能でミニゲームのみのモードもある。

狩りに使える道具は、ライフル銃だけでなくショットガンやピストル、クロスボウもあり
ミッションの開始前に持ち運ぶライフルとショットガン、セカンドライフル (クロスボウを含む) のみ選択可能。

プラチナを取るにはオールゴールドにする必要があるけど、一週目はステージを出すことメインでプレイすれば
後はそれぞれの動物から再開できるので、ゴールドにしていくのもそれほど苦ではない。

ただ、Animal Sign という動物の痕跡を探していかないとゴールド取得がきつい場所があるうえに
Animal Sign の9割を発見するトロフィーもあるので、WalkThrough を見て進めていく必要がある。

各ミッションに関しては、基本的にボスキャラ的な存在は一回やられてボタン入力に持ち込み
ショットガンを近距離でノーミスで3?4回打ち込めばゴールドほぼ確定。(Animal Sign 必須)

ミニゲームも2羽3羽同時に落とせるチャンスが必ずあり、パターンも同一なので覚えれば簡単。
唯一詰まったミッション11の Greater Kudu は、クロスボウで50%ボーナスの部分から撃てば簡単に取れた。

プレイ時間は12時間ぐらいで、動物がベストポジションに来るのを待っている時間が1時間ぐらいはあるはず。
まったりプレイ出来てトロフィーもサクサク取れる、なかなか気持ちの良いゲームだった。

次は・・・ Rocketbirds ?

フォローする