KILLZONE 3 のエリートは耐えるゲーム

1日目を新兵でクリアし、2日目でオントロフィーと取り逃しを取得し
3日目の今日は、難易度「エリート」でキャンペーンモードを進めています。

新兵でやっていたときには、偵察兵の如くサクサクと進めていけたのですが
難易度「エリート」がどんなに強くなるんだろうと思っていたら、ARを撃ち尽くしても敵が生きていて
明らかに見えないところから銃撃され、グレネードの雪合戦が始まるぐらい強くなってます。

そんな敵達を倒していくので、当然クリアにも時間が掛かります。
3時間ほどやって、まだ「敵施設の潜入」の「スタールアームズ東区画」です。

新兵の時は、初見で6時間かけ全部クリア出来たので、ここからさらに強い敵が増えてくるわけですから
8時間ぐらいは掛かりそうです。

爽快感をこのゲームに求めるのはちょっと違うのかもしれませんが
難易度「エリート」では爽快感らしき物はありません。
「見つかったら撃ってくる」ではなく、「撃ってくるのが当然」かつ、隠れないと勝てない…。

マルチプレイヤーは、日本だとスナイパーばっかりで、クランでスナイパーとかいう状況もあったりするので
撃ち合いがしたいというのであれば、北米の方が楽しめるような気もします。

オンライン関連のトロフィーは、「チームプレイヤー」が難しく、後のトロフィーは簡単に取得可能でした。
自分は、地域を北米にして、全く知らないクランタグの付いていない人3名に招待を送ったところ
一人だけ招待に応えてくれて、分隊を組むことが出来ました。

あとは、「エリートでのクリア」と「ヘルガスト兵を1500人倒す」というだけなので
今週末には終わりそうです。

ゲーム内容的には、「え?これで終わるの?え?」というような感じなので
キャンペーンはおまけみたいなもんです。

フォローする