G2400WD 帰還。

31日に BenQ の修理センターへ出して、今日返ってきた。

故障箇所は電源ボタンがへこみ電源が付けられなくなったというだけで、
パネルやバックライトの異常は無かったため、3年間の保証が有効となり無料修理。
(ただし、片道分の送料と代替機の貸し出しは無い。)

修理に出す際は、まず RMA 番号という識別コードを取得するため、
BenQ にエクセルファイルで作られた修理依頼書を添付し、メールで送信する。
(修理依頼書に住所などを入力して送るべきなのか、よくわからないが、今回は入力して送った。)

その後、 RMA 番号が入力された修理依頼書がメールに添付されて返ってくるので、
それをプリントアウトして、梱包する際に同梱する必要がある。

修理依頼書には、「本体以外送らないでください」みたいな事が書いてあったので、
本体とスタンド、保証書、修理依頼書を一緒に入れて梱包後、適当な配送業者に依頼し、送る必要がある。
(ちなみに持ち込みは受け付けていないらしい。)

送り状には、 RMA 番号を内容・商品覧に記載する必要があったのだけれども、
わざわざ、何キロもある物をコンビニまで持って行って、送り先の住所を書くのも面倒なので、
ヤマトの集荷サービスを利用して住所を入力済みの送り状を持ってきてもらうことにした。

サイズの計測してもらうと、24インチディスプレイだけあって、送料は「140サイズ」の送料1580円。
(ヤマトの事業所まで持ち込むと驚きの100円引きになる。)

その後、BenQ の修理センターに着いたらメールでもくれるのかなぁと思っていたのだけれど、
結局、メールは修理から返ってきてもこなかった。

で、早速修理から返ってきた本体を取り出してみたところ妙に綺麗。
新品なんじゃじゃないかと思ったけど、シリアルナンバーは一緒だった。

修理報告書によると、「新品再生」は「なし」となっていたので、
どうやらボタンだけの交換らしいが相当綺麗。

「梱包作業内容」という覧には「本体クリーニング及び確認作業」とあったので、
本体クリーニングを全力でしてくれたらしい。

というわけで、無事修理から返ってきて一週間半ぶりの WUXGA となり、やや困惑気味。
是非、本体クリーニングの方法を教えて欲しいな。

フォローする