VS ffmpeg

今まで貯めてきた映像は殆どエンコードせずに、 DVD 化してきたため、

やたら容量に無駄が出たのですが、 今年のF1 を録画するに当たって mp4 化して、
余裕が有れば HDD に保存することにしました。

そんなわけで、 ffmpeg の設定を適当なジングル映像で詰めていたのですが、
ffmpeg のインターレース解除って、結構乱れが目立ちますね。
で、詰めていった結果がこんな感じの設定。

ffmpeg -threads 3 -y -i “hoge.mpg” -pass 1 -passlogfile “Temphoge.mp4” -bufsize 1M -r 29.97 -b 3.5M -maxrate 4M -qmax 40 -vcodec libx264 -acodec libfaac -ac 2 -ar 48000 -ab 256k -f mp4 “Temphoge.mp4”
ffmpeg -threads 3 -y -i “hoge.mpg” -pass 2 -passlogfile “Temphoge.mp4” -bufsize 1M -r 29.97 -b 3.5M -maxrate 4M -qmax 40 -vcodec libx264 -acodec libfaac -ac 2 -ar 48000 -ab 256k -f mp4 “hoge.mp4”

3スレッドなのは、保険みたいな物。

長い長いエンコードがはじまるお。

フォローする