WME と FME と XSplite

前回から色々と設定を試してみて、ようやく XSplite の使い方が分かってきた。
エンコーダーについてはそれぞれメリットとデメリットがやっぱりあるかなぁ。

WME

  • 設定が柔軟
  • ビットレートを上げないと映像が破綻しやすい
  • フレームレートと画質の両立が難しい
  • 60fps での記録が可能
  • ブロックノイズが出やすい

FME

  • 設定がほどよく柔軟
  • ビットレートを上げないと映像が破綻しやすい
  • 60fps での記録が可能
  • エンコーダー自体がかなり重い
  • ブロックノイズが出やすい

XSplite

  • 設定が柔軟
  • コーデックの設定をかなり細かく設定できる
  • 60fps での記録が可能
  • ブロックノイズが出にくい
  • β 版だからどうなるか分からない
  • お任せ品質設定だと瞬間的に 9Mbps とか平気で使うすごい子。

設定を練っていくにつれて、XSplite がノイズが出にくくかなり優秀なんだと分かった。
ちなみに、XSplite のフレームレートが 45fps 以上に設定しても上がらない場合は
ツール → 設定 → 一般の「仮想カメラ出力を使用する」のチェックがオフになっているか確認すること。

フォローする